『RADIAN』ICOスタッツとコインサークルが共同で手掛けるトークン

RADIANが提供するエリックミラーが手がけた最高な品質のトークン!

エリックミラー 企業家! スナップチャットの創業者 スナップチャットは1日のアクティブユーザーが1億5000万人 ツイッターの時価総額を超えるぐらいの巨大ベンチャー
その後ソニーピクチャーズの取締役 スパイダーマンや アイロボットのCG技術を手がけアカデミー賞技術賞にもねノミネートされた経歴もあります

アメリカ最大のICO情報提供機関、ICOSTATSとスナップチャットの創業者であるエリック・ミラー氏がCEOを務めるcoincircle(コインサークル)が共同で仕掛ける大注目ICO。トラベルトークンを含む超優良コイン9つ(現時点)と交換価値を持つ統一コインです。



coincircle(コインサークル)とはエリックミラーが起業した会社です。 彼が手がけた数々のコインの中でもRADIANは人生をかけるほどの思い入れのあるトークンだそうです。
コインサークルとはワンストップショッピングのコインメーカーです。
RADIANはこれからコインサークルのすべてのプラットフォーム(マイニング ICO プラットフォーム)をつかさどるトークンです。

 

スポンサードリンク



早期プライベートプリセールスへのアクセス

RADIANの所有者は、大規模で戦略的なトークン購入者のネットワークの一人となります。トークンの販売を確認して早期に素晴らしいトークンを知ることが出来るのです。

成長するトークン

ユーティリティートークンがCoinCircleプラットフォームを通過すると、Radian Token Collectorスマートコントラクトでパーセンテージが収集されます。
また所有者はいつでもRADIANを崩すことができ、その際にそこまで所持していたRADIANに組み込まれていた良質なコインをばらばらに売却できる。
お気に入れのコインは残して他は売却、そんなことが出来るのです。
だからといってコレクトトークンがだめなものが入るかというとそこはICOSTATSが厳選したコインしかコレクトされず、だめなコインはポートフォリオからはずされる祖組になっていきます。
RADIANトークンはいろんな人が持つことでその資金を利用し次々に優良なコインが内包されていくという仕組みになっています。
とても面白いコインなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR




ピックアップ記事

  1. NYSE(New York Stock Exchange)を傘下に持つICE(Intercontin…
  2. [東京 24日 ロイター] - 金融庁は24日、日本仮想通貨交換業協会を資金決済法に基づく自主規制団…
  3. ウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所Geminiが発行した米ドルと連動するステーブルコインGU…
  4. 今月4日、米証券取引委員会は、以前から申請を受けている複数のビットコインETFに対し、アメンドメント…
  5. NEXT MONEY×INFOREXミートアップ2nd『Session 1 NEXT MONEY 概…
  6. 住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3行は10月4日、SBI Ri…
  7. なぜペーパーウォレットを使うのか? ペーパーウォレットは、ビットコインアドレスに秘密鍵と公開鍵の両…
  8. 欧州初のブロックチェーン研究施設と世界初の高度なブロックチェーンアイデンティティ研究所がスコットラン…
  9. 仮想通貨ビットコインを使った国際送金の仕組みを開発する米国サンフランシスコを本拠とするVeemは、ゴ…
  10. 検索エンジン大手Googleが、広告のポリシーを更新することで今年の10月から規制対象の仮想通貨を米…
2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Ads

ページ上部へ戻る